「テレまち」は企業の障がい者雇用を応援しています

法定雇用率の引き上げ…障がい者の雇用をお考えですか? 

だけど気になる、4つの不安。該当するお悩みをクリック!

だけど気になる、4つの不安。該当するお悩みをクリック!

バリアフリー化はコストがかかる… うちには在宅勤務の制度がない うちに通える障がい者が見つからない… 雇用してもすぐに辞めてしまう

法定雇用率の引き上げ…「テレまち」は企業の障がい者雇用を応援しています 障がい者のテレワーク事例「テレワーカーの声」

障がい者雇用を検討中、お悩みの企業様

まずは相談お問い合わせ無料

法改正について…障がい者の雇用状況

平成25年に改正された「障害者雇用促進法」が、平成28年(2016年)4月から施行されました。
改正後は障害者の差別禁止が加えられ、さらに「精神障害者」の方も障害者枠に入り、法定雇用率が引き上げとなっています。

改正された「障害者雇用促進法」の実施にともない、より多くの企業が障害者雇用への積極的な取組み・達成を求められています。

働いているのは障がい者全人口の5%

車いすイメージ 平成26年の法定雇用率を達成した企業の割合は44.7%(雇用障害者数は43万1,225.5人)、民間企業での実雇用率は1.82%と、前年より増加しています。
※参照:平成26年 障害者雇用状況の集計結果|厚生労働省

また、日本の障害者人口は平成26年統計では約790万人。障がいのある方の内、働いているのは全体のわずか5%程度です。
※参照:平成26年版 障害者白書(概要)|厚生労働省

不足人数1名につき 5万円/月の障害者雇用納付金を徴収、社名の公開も

厚生労働省は、法定雇用率に満たない企業からは5万円/月の障害者雇用納付金を徴収し、法定雇用率以上の障がい者を雇用している企業へは助成金を支給しています。
ただし、納付金を納めたからといって、障害者雇用義務が免除されるわけではありません。
障害者雇用率の低い企業は、厚生労働省より勧告および社名を公開されるケースもあります。

障がい者雇用を検討中、お悩みの企業様

まずは相談お問い合わせ無料

テレワークなら、障がい者の方の負担を軽減した上で雇用できます!

「バリアフリー化はコストがかかる…」

業務イメージ

障がい者を在宅勤務で雇用する

「テレまち」が、御社が必要とされているキャリアやスキルにマッチした、在宅勤務のできる障がい者をご紹介いたします。
優秀な人材を在宅勤務で新規雇用したい | テレまち


「うちには在宅勤務の制度がない」

悩むイメージ

在宅勤務制度の導入を検討する

テレワーク専門のコンサルタントが、在宅勤務制度・ICTツールの紹介などテレワーク導入に関するご相談を承りますので、ぜひお問い合わせください。
人材確保のためにテレワークの制度を導入したい | テレまち


「うちに通える障がい者が見つからない…」

探すイメージ 様々な企業が障がいのある方を遠隔で雇用する試みを始めています。
また、これを機会に御社にテレワークを導入するという方法もあります。

障がい者の在宅勤務の事例を知る

在宅や病院、通所施設などで遠隔雇用をされているケース等もあります。
どのように周りでサポートしながら、テレワークでお仕事されているのかなど、お気軽にお問い合わせ下さい。
人材確保のためにテレワークの制度を導入したい | テレまち

障がい者を在宅勤務で雇用する

「テレまち」が、御社が必要とされているキャリアやスキルにマッチした、在宅勤務のできる障がい者をご紹介いたします。
優秀な人材を在宅勤務で新規雇用したい | テレまち


「雇用してもすぐに辞めてしまう」

悩むイメージ

長く続けてもらうためには2つのことを考える必要があります。

“在宅で働ける”マインドやスキルを持った障がい者を雇用する

「テレまち」が、御社が必要とされているキャリアやスキルにマッチした、在宅勤務のできる障がい者をご紹介いたします。
優秀な人材を在宅勤務で新規雇用したい | テレまち

在宅で働き続けられる環境を整える

障がいのある方にそのスキルを十分に発揮してもらうためには、在宅で働くための環境を整えることも必要になります。
テレワーク専門のコンサルタントが、在宅勤務制度・ICTツールの紹介などテレワーク導入に関するご相談を承ります。
お気軽にお問い合わせください。
人材確保のためにテレワークの制度を導入したい | テレまち

テレまちは、ご入社された方の定着率を上げるために、業務の整理、在宅勤務に適したツールや就業時のルールづくりなど、在宅雇用の業務環境構築支援から導入後の定着まで、幅広くサポートいたします。

その他、ご希望があれば、障がい者と共に働くメリットの共有など、受け入れ時の社内研修も実施可能です(オプション対応) 。

法定雇用率の引き上げ…「テレまち」は企業の障がい者雇用を応援しています 障がい者のテレワーク事例「テレワーカーの声」

障がい者雇用を検討中、お悩みの企業様

まずは相談お問い合わせ無料

テレワークで雇用するメリット

障がいをお持ちの方のメリット

PCイメージ 障がいをお持ちの方が働こうとした場合、通勤が壁になることが多いとか。確かに満員電車での長距離通勤は想像を絶しますね。
また定期的に通院が必要な方や、ご家族など周りの支えを必要とする方の場合、自宅など快適に生活できる環境で働くほうが本来の力を発揮できることでしょう。
障がいのある方が仕事をするのをあきらめることなく、その持てる力を十分発揮できるよう、在宅勤務による雇用をご検討してみませんか?
「ウチにマッチする人材がいるかな?」「ウチでもテレワークできるかな?」など、雇用・業務委託いずれでも、まずはお気軽にご相談ください。

「通勤」の負担を軽減できる

…テレワーク(在宅勤務)なら、無理な通勤は不要です。

障害をお持ちで外出が困難な方にとって、通勤はかなりの負担です。
ですが、テレワークであれば在宅で業務ができますので、その心配もなくなります。
また、テレワーク制度を整えることで、オフィスのバリアフリー化に伴うコストを抑えることもできます。
ぜひお気軽にご相談・ご依頼ください。

慣れた「環境」で仕事ができる

…テレワーク(在宅勤務)なら、障がいをお持ちの方もご自宅の慣れた環境で仕事ができます。

在宅勤務であれば、障がいをお持ちの方のペースで在宅で業務ができますので、定期的な通院などにも都合をつけやすくなります。

テレまちに依頼する企業メリット

採用成立まで費用がかからない成功報酬型

サービス相関図イメージ 「ウチにマッチする人がいるかの相談だけでも、費用はかかるのかな?」
…ご安心ください、成功報酬型です。

相談はもちろん、人材紹介をご依頼される時点では費用はかかりません。 採用が決定した時点で、紹介料をお支払いいただく仕組みです(許可番号:29-ユ-300088)。
一般的な広報系の求人サイトとは異なり、採用にかかるムダやリスクを最小限に抑えることができますので、安心してご相談・ご依頼ください。

在宅・遠隔勤務ご紹介サービス詳細については、下記もご参照ください。

各種雇用関係助成金もご利用いただけます

「テレまち」は雇用関係助成金を取り扱う職業紹介事業者です。障がい者雇用に関する助成金は、下記を取り扱っております。
お気軽にご相談ください。
1 特定就職困難者雇用開発助成金
9 障害者トライアル雇用奨励金
10 障害者初回雇用奨励金
11 発達障害者・難治性疾患患者雇用開発助成金
12 障害者雇用安定奨励金(障害者職場定着支援奨励金)

テレワークのコンサルティングも可能!

スケジュールイメージ 「障がい者をテレワークで雇用するといっても、ちゃんと働いてもらえるのかなぁ」
…ご安心ください、ご相談に対して「テレワークのプロ」がアドバイスいたします。

テレワーク(リモートワーク)は、新しいワークスタイルです。
在宅勤務や遠隔勤務の形での雇用を行うためには、会社に通勤して仕事をするやり方とは異なるノウハウが必要になります。
テレワーク(在宅勤務・遠隔勤務)専門人材紹介サービス「テレまち」は、これまで100社以上にテレワーク導入を行った実績のある関連企業、株式会社テレワークマネジメントとの連携により、雇用をご希望の企業様よりご希望があれば、テレワーク導入のご相談やコンサルティングも可能です。
企業様が安心して障がいのある方をテレワーカーとして雇用し、そのテレワーカーのキャリアやスキルを、御社のご発展のために活かしていただけるよう、尽力いたします。

障がい者雇用を検討中、お悩みの企業様

まずは相談お問い合わせ無料

「テレまち」サービスの流れ

在宅勤務や遠隔雇用の場合(雇用形テレワークマッチングサービス例)

優秀な社員を在宅勤務で雇用したい企業用、テレワーク専門マッチングサイト「テレまち」のしくみ

【1】テレワークによる雇用のお問い合わせ
御社の人材を求めておられるご状況や、在宅勤務や遠隔勤務による雇用について、お問い合わせください。「こんなスキルの人材はいますか?」といったご相談でもかまいません。お気軽にお問い合わせください。
【2】メールによるヒアリング
お探しの人材について詳しい内容をお伺いするため、ご登録いただいた御社メールアドレス宛てに、テレワーク専門マッチングサイト「テレまち」の担当者からご連絡いたします。電話あるいは直接ご訪問してお話をお伺いする場合もあります。
【3】求人に関するご契約
テレワーク専門マッチングサイト「テレまち」人材紹介サービスを通じた採用方法や、紹介が成立した場合にお支払いいただく費用について担当者がご説明し、ご納得いただけましたら御社とテレワーク専門マッチングサイト「テレまち」間で契約を結びます。
【4】求人票の作成
お伺いした求人情報と、求職者の状況などに関するデータをもとに、御社の採用目的に最も適した人材要件をご提案し、求人票を作成します。
【5】求人情報を候補者にご案内
テレワーク専門マッチングサイト「テレまち」の登録者から、御社の条件に合った人材を選び出します。そして、選抜した候補者に御社の求人票と魅力を伝え、御社へのご応募につなげます。
【6】候補者のご紹介・御社での書類選考
御社のご希望にマッチする人材につきまして、必要な書類を添えて、御社採用のご担当者にご紹介します。御社には書類選考を実施していただきます。
【7】候補者との面接(1~3回くらい)
書類選考を通過された候補者と御社の間で面接をしていただきます。ご要望がありましたら、面接日程の調整や候補者との連絡などについて、担当者がサポートさせていただきます。
【8】内定から入社まで・ご請求
内定者への内定条件の通知や入社の最終意思確認などをサポートさせていただきます。内定から御社への入社までを、テレワーク専門マッチングサイト「テレまち」が確実に導きます。また、内定者の入社意思が確認できた時点で費用が発生いたします。入社日を迎えられた時点で請求書をお送りいたします。


障がい者雇用を検討中、お悩みの企業様

まずは相談お問い合わせ無料