テレワークとは?

テレワークとは

テレワークの定義は、「ICT(Information and Communication Technology)を活用した、場所と時間にとらわれない柔軟な働き方」です。「テレワーク(telework)」の「テレ(Tele)」は「テレパシー」や「テレフォン」の「テレ」と同じで、「離れた場所で」という意味があります。そして、「ワーク(work)」は「仕事をする」ということ。つまり、「離れた場所でIT機器を活用して仕事をする」ことがテレワーク(リモートワーク)なのです。

いわゆる「在宅ワーク」や「フリーランス」とよばれる働き方もその一つ。IT機器を使って自宅でWeb制作を行ったり、プログラミングしたり、データ入力をしたりといった仕事のしかたです。また最近では、企業に雇用されながら働く「在宅勤務」や「遠隔勤務(※サテライトオフィスへの勤務も含まれる)」というスタイルも少しずつ増えてきています。

テレワークとは

「テレワーク」における分類・・・「雇用型」「自営型」

テレワーク(リモートワーク)という働き方は、会社の社員として雇用されて働く「雇用型」テレワークと、自営すなわち個人事業主として働く「自営型」テレワークに大きく分けられます。また別の分類のしかたとして、「移動できる/移動できない」といった「テレワークをする背景・理由」で分けることもできます。

働く場所による区分としては、下記のように大別できます。
・カフェや出張先のホテルなど、移動中や出先で仕事をする場合は「モバイルワーク」
・勤務先以外の自社オフィススペースや共同利用型のテレワークセンターで仕事をする場合は「サテライトオフィス勤務」
・自宅でパソコンを使って会社の仕事をする場合は「在宅勤務(自営型の場合は、在宅ワーク)」

本サイトにおいて、「人材紹介サービス」が求人希望企業へ紹介する対象としているのは、下図の中の「在宅勤務者」(「遠隔勤務者」や「サテライトオフィス勤務者」も含まれる)です。また個人事業主の紹介サービスでは、「在宅ワーカー」や「フリーランス」の方との企業のマッチングとなります。

ICTを利用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方

「テレワーク」で働くメリット(個人)

「出産や育児で会社には通えないけれど、働き続けたい」
「通勤に時間がかかり過ぎて、お迎えの時間に間に合わない」
「遠く離れて住む親が年をとってきたから、故郷に帰って仕事をしたい」
「環境のよい地方で、子育てしながら暮らしたい」

テレワークなら、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方が可能になります。実際にテレワークで働いている方からは、「通勤時間がいらない分、しっかり働けています」「キャリアを中断せずに続けられてよかった」などといった喜びの声が届いています。

地方在住や移住希望者、障がいをお持ちの方、子育て・介護中のテレワーカーをインタビュー 在宅勤務・テレワーク事例「テレワーカーの声」

  • 子育て

    子育て中は、急な呼出も多いし、家族のペースで在宅ワークが出来て安心です

  • 親の介護

    親の介護サービスの送迎が必要な日は在宅で働いています。会社を辞めずに済みました

  • 家族の転勤

    家族の転勤で地方に引越した後も、在宅で自分の仕事を継続。新たに仕事探しも厳しいので助かります

  • 地方へ移住

    故郷(地方)に戻って定住後も、都市部の企業にて在宅勤務。おかげで安定した生活ができています

在宅勤務・遠隔勤務できる企業に転職・就職したい方

まずは相談お問い合わせ無料

マッチングサイトに登録する無料

「テレワーク」で雇用・発注するメリット(企業)

テレワークは、働く人だけがメリットのある働き方ではありません。雇用・発注側の企業にとっても、様々なメリットのある働き方です。少子化が進んだ日本では、確実に生産年齢人口が減っていきます。このような社会状況にあって、「優秀な人材」の争奪戦はより一層高まるでしょう。

こういった雇用情勢だからこそ、テレワークによる雇用にはメリットがあります。在宅勤務や遠隔勤務など、テレワークで働ける社員を広く募集することで、「会社に通うことができずに、他の会社を退職せざるを得なかった優秀な人材」を得ることにつながるのです。

あるいは、山積する業務をこなすために、社員の雇用ではなく、テレワークによる個人事業主への発注・アウトソーシングといった方法も選択できます。優秀な人材を外部スタッフとして契約することによって、会社業務にかかる人件費削減につなげることもできます。

法定雇用率引き上げ…「テレまち」は企業の障がい者雇用を応援しています 障がい者の雇用なら「テレまち」にご相談を!

  • 人材不足

    遠隔雇用を可能にしたことで、全国規模の広い地域から、優秀な人材を集めることができました

  • キャリアの中断

    子育て中は、無理の無い範囲で在宅勤務。その後も、スムーズに職場復帰してもらえました

  • 介護離職

    在宅勤務を導入したことで、管理職を含めた、中間層の介護離職の防止へと繋がりました

  • ワークライフバランス

    従業員のワークライフバランスの実現だけではなく、会社全体の業務見直し・改善の機会になりました

  • アウトソーシング

    一時的に膨れてしまった業務も、ピンポイントに業務委託ができて助かりました

  • 遠隔雇用

    優秀なスタッフの、やむを得ない遠方への転居も、遠隔雇用で対応できています

優秀な人材を、在宅で雇用・委託したい企業様

まずは相談お問い合わせ無料

「テレワーク」に関する、よくある質問

個人の方は、下記ページもご参照ください。