テレワークができるように自分のスキルを高めたい

オンラインでのスキルアップはテレエデュケーションで

「テレまち」を主宰するワイズスタッフでは、テレワークの仕組みをテレワーカーや在宅勤務者の教育やスキルアップに活用しています。
これが、「テレエデュケーション」というオンライン学習サービスです。

ここでは「テレエデュケーション」とは何かや、従来のeラーニングとの違いについてご説明します。

「テレエデュケーション」とは?

「テレまち」を運営するワイズスタッフは、「ネットオフィス」というスタイルを提唱し、国内外の各地に暮らす約200名のテレワーカーとともに、業務を行ってきました。「ネットオフィス」では、お互いに離れていても、チームで協力しあって「しっかり仕事ができる」体制を整えています。

「長年培ってきたこのスタイルを、『教育』にも活かしたい」――という私たちの思いから生み出されたのが、「テレエデュケーション」です。従来の「eラーニング」がインターネットでで“習う(Learn)”ことを主眼としていたのに対して、「テレエデュケーション」ではインターネットで“教育する(Educate)”に主眼を置いた学習法となっています。

「テレエデュケーション」のメリット

「テレエデュケーション」では、担任の先生や仲間と一緒に「eクラスルーム」で学習します。「eクラスルーム」では、画面の向こうにいる先生が学習をサポートし、先生の指示や仲間の質問は、クラスで共有します。「いつ、どれだけ学習したか」を先生が見守っているため、生徒はさぼることなくしっかり学習できるのです。

従来のeラーニングとテレエデュケーションの違い


「テレエデュケーション」の環境にリアル感をもたらすのは、多様な学習教材と、双方向性のあるクラス進行です。自宅にひとりでいることを忘れる臨場感や、仲間と議論・相談・協力して成し遂げる課題などによって、孤独にならずに学習を続けることができます。

テレエデュケーションを実現するICTシステム例

テレエデュケーションだから効果が出る