テレワーカーの声[CASE04] T.Sさん(テレワーク歴7年/資料作成・営業サポート業務)

在宅勤務・テレワーク・遠隔勤務イメージ


T.Sさん(30代後半 女性)/テレワーク歴7年
個人事業主 (テレワーク:週5日)/関東エリア


大学院修了後、建築設計事務所に勤務。育児・家事・仕事のバランスをとることに不安を感じ、二人目の出産後に退職し在宅で仕事を始める。
これまで3人の子どもの成長に合わせて業務量を調整しており、今は小学1年生の末娘が学校に慣れるまではと少しセーブ気味。
自分の好きな物に囲まれて生活するのが夢。床を砂だらけにするムスコにもめげず、快適な家を目指し地道に活動中。(完成は○十年後!?)

テレワークで働くようになったきっかけを教えてください。

育児・家事・仕事の両立への不安と、子どものそばにいたかったから

子どもと母イメージ

以前は、フルタイムで往復3時間かけて働きに出ていました。しかし二人目の出産をひかえ、肉体的・精神的に復職への大きな不安を感じていました。

また、夫も自宅から同様の距離に職場があり、もし大災害があったときに子どもを迎えに行くことができなくなる不安もありました。互いの両親も近くに住んでいないこともあり、せめて私だけでも自宅の近くにいられたらと思っていました。

そんなことを考えていた産休中、たまたまテレビでテレワークという働き方を知りました。

「家にいても責任ある仕事ができる」と語る女性の名前を即座にインターネットで検索し、その企業へ応募したのを覚えています。

現在は、どのような仕事をテレワークで行っていますか?

プレゼン資料やチラシ作成、販売ツールのお客様サポートなど多岐にわたります

パワーポイントを使ったプレゼン資料作成や報告書のまとめ作業などの依頼を受けることが多いです。プレゼン資料といっても、内容をメンバーと相談し一から作り上げることもあれば、構成が決まった後に見栄えを整えるブラッシュアップ役として関わることもあります。

また画像処理ができることもあり、バナー作りや簡単なチラシなどを制作することもあります。

これらとは全く違う分野ではありますが、販売ツールに関するお客様サポート業務も行っており、サポートメンバーをまとめるチームリーダーのような仕事もしています。

テレワークで働く前の仕事を現在の仕事にどのように活かせていますか?

パワーポイントを使えることが仕事につながると思っていませんでした

テレワークイメージ

以前は建築設計事務所で設計補助などをしていました。お客様へのプレゼン資料は、図面やパース・写真などをまとめるので、CADだけでなくフォトショップやイラストレーターなどの画像処理ソフトや、内容によってはパワーポイントを利用していました。

テレワークをし始めた当時は、前職とは関連のない業種だったので、私には何の取り柄もないと思っていたのですが、様々な業務に携わる中、パワーポイントを使う機会が増え、プレゼン資料を作るから手伝ってほしいとお声がけいただけるようになりました。

また、パワーポイントが使えることだけでなく、前職でやっていたプレゼンの内容のまとめ方や、表現の仕方も含め、前職での知識はとても役に立っています。

全く異なる業種でも活かせるとは驚きでした。

テレワークで働いていて良かったことは?

子どものそばにいながら働き続けられていること

テレワークを始めたきっかけの一つに大災害への不安を挙げましたが、内心、本当に大災害が起こるとは思っていませんでした。家で働き始めて数年後、東日本大震災があり、あのときほどテレワークをしていたよかったと思ったことはありません。

また、自身が子どもの頃いわゆる鍵っ子で、自宅に帰るとお母さんが待っている友達がうらやましかったので、なんとなく自分の子どもに「おかえり」を言ってあげたいと思っていました。それを無理なく叶えることができているのもテレワークならではだと思います。

そんなに子どものそばにいたいなら無理して働かなくてもと思われるかもしれませんが、働き続けたいという気持ちも同じくらい強いので、子育てと仕事を天秤にかける必要のないこの働き方が今の私にはベストです。

逆に、テレワークで働いていて困ったことはありますか?

収入面の不安は常につきまといます

当然といえばそれまでなのですが、個人事業主なので収入が安定しないことです。雇用されていれば毎月決まった収入がありますが、不安定がゆえにたとえば旅行のために毎月いくら貯金する、といった長期的な予定はなかなか立てづらいです。

とはいえ不安定がゆえに、請け負った業務に対する責任感は強くなる気もしています。

そうそう、テレワークならではといえば運動不足です。保育園の送迎がなくなり、へたすれば一日外に出ないこともあります。これは不健康きわまりないですね。。。

テレワークで働く上でのアドバイスがあれば教えてください。

自分なりの「ON」と「OFF」の切り替え方法を見つけてください

家で働くとどうしても仕事とプライベートの切り替えが難しくなります。テレワーク歴7年ほどの私も、未だに「ON」と「OFF」の切り替えが苦手でして・・・。

苦手なりに実践している「ON」と「OFF」の切り替え方法は、仕事の前にはコーヒーをいれたり、仕事中は基本的にはヘッドセットをしてラジオをBGMにして業務します。ヘッドセットを外すと「OFF」です。また、仕事以外ではなるべくパソコンに近寄らないようにしています。(近づくとついメールが気になっちゃうんです)

テレワークは、ある程度の自己管理力が必要です。自分なりの仕事とプライベートの切り替え方法を見つけるとよいかと思います。

それと、適度な運動も忘れずに!

今後の目標などありましたら教えてください。

地域に根ざした活動も広げていきたい

最近、ママ友つながりで地域のイベントのチラシを制作し、これまで目を向けていなかった地域の活動を通して新たな出会いがありました。

今ある仕事ももちろん大切にしつつ、新たな出会いを大切にし、活動の幅を広げていきたいと思っています。

テレワークで働く日のタイムスケジュール

小学一年生がいるので午前中をメインに仕事しています

4時30分起床
長男・夫の弁当、朝食作り、掃除・洗濯など家事を一通り済ませます
9時始業
12時お昼休み
13時仕事
14時子どもの相手、習い事の送迎など
19時夕飯
お風呂
21時子ども達就寝、家事
22時一人の時間(残務がある場合はこの時間帯に処理)
23時就寝(朝が早いので、極力早めに寝るようになりました)

Tさんの同僚からひと言

「いい感じ」の資料を作ってくれる貴重な戦力

Tさん作成資料の最大の特徴は、依頼時にざっと説明するだけで、基礎資料素材の中から何を盛り込んでどういう構成でどこを強調するか、よく考えられた「いい感じ」(バランスの取れた)の資料が、さっとできあがってくること。

それは、社内の業務内容や商談の進行状況をしっかり勉強していて、このプレゼンの場に必要な内容は何か、対象は誰か、どういうスタイルが適切か、日ごろからきちんと把握できているからだと思います。本当にありがたい戦力です。

「テレまち」へのお問い合わせはこちら

優秀な社員の雇用をお考えの企業様はこちら

優秀な社員を在宅勤務で雇用したい企業様

まずは相談お問い合わせ無料

「テレまち」へご登録希望の方(個人)はこちら【登録無料】

在宅勤務・遠隔勤務できる企業に転職・就職したい方

まずは相談お問い合わせ無料

マッチングサイトに登録する無料

<