「テレまち」は障がいをお持ちの方の就業を応援します

障がいをお持ちの方のテレワークメリット

車いすイメージ 障がいをお持ちの方が働こうとした場合、通勤が壁になることが多いと聞きます。
また定期的に通院が必要な方や、ご家族など周りの支えを必要とする方の場合、自宅など快適に生活できる環境で働くほうが本来の力を発揮できることでしょう。
障がいがあってもあきらめることなく、その持てる力を十分発揮できるよう、在宅での働き方に挑戦しませんか?
「テレワークは初めてだけど、今のスキルや環境でできるかな?」「中途障がいだけど、求人はあるかな?」など、まずはお気軽にご登録・ご相談ください。

「通勤」の負担を軽減できる

…テレワーク(在宅勤務)なら、無理な通勤は不要です。
障害をお持ちで外出が困難な方にとって、通勤はかなりの負担です。
ですが、テレワークであれば在宅で業務ができますので、その心配もなくなります。

慣れた「環境」で仕事ができる

…テレワーク(在宅勤務)なら、障がいをお持ちの方もご自宅の慣れた環境で仕事ができます。
在宅勤務であれば、障がいをお持ちの方のペースで在宅で業務ができますので、定期的な通院などにも都合をつけやすくなります。

在宅勤務・遠隔勤務できる企業に転職・就職したい方

まずは相談お問い合わせ無料

マッチングサイトに登録する無料

 

法定雇用率の引き上げ…「テレまち」は障がい者の在宅での就業を応援しています 障がい者のテレワーク事例「テレワーカーの声」

 

ワイズスタッフは、平成28年度 厚生労働省委託事業「ICTを活用した新たな障がい者在宅雇用推進のための支援事業」を受託し、障がい者のテレワーク支援に取り組みました。
http://www.ysstaff.co.jp/archives/news/press/01225.html

本事業では『テレワークで、障がいのある方をより企業戦力に! 在宅勤務で実力発揮! 障がい者の在宅雇用導入ガイドブック』も制作しました。

障がい者の在宅就労支援と企業の障がい者在宅雇用支援を両輪で丁寧に実施し、就労の定着まで手厚く対応いたします。


企業様への「障がい者雇用」ご紹介事例もご覧ください